出西焼き

 4月生まれの人たちが、遅れ遅れた 「はなみ」 の会に集うたところ、会場の主の心遣いで、コーヒーが用意された。 カップは、呉須の色深い 「出西焼き」 で、自分の手元に姿は違うが、いかにも、それの姉妹品のカップ&ソサーがあったことを思い出した。

 さて、そこから今日の物語を書き始めようとしたら、実物がどこかに潜り込んでいて、出てこない。 厳密に言うと、宅には、「はなみ」 で出されたのとほぼ同年の代物と、それを更に四半世紀遡る ものの姉妹が居るはずで、そのカップだけが雲隠れしている。

さてさて~~  取り敢えず掲げましょう。

130423from_tuyama_005_432_2

ふた組の姉妹の器の話だが、こちらは今から17~18年前に地元の(瀬戸内側の)百貨店で手に入れたものです。 いろあい、デザインから見て出西窯に違いはないが、カップの取っ手の下に 「ペンだこ」 のような突起が付けてあるのがいかにも民藝のこだわりのように見える。
自然光で、照明に特別な工夫をしていないので、正確な色合い表現はご勘弁を!

今、手元で探している 「姉」 が出てきたら話が続け易いように、この妹に名前をつけておくことにして;-
   18年前の1995年=乙亥(きのと い)を採用して
   紀伊子さん ではどうだろうか?

たまたま、津山の銘菓・千本桜 が届いたので、受け皿にしてみた。

130423from_tuyama_002_432

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「すとれーと・びゅー」を愉しむ

先報で、Google社の、地図サービスの中の StreetView 機能の利用について、一般論~例題について述べました。
ストリート~のままぢゃ悔しいので、「すとれーと・びゅー」と名付けます。
それじゃ某大国の「商標パクリ」と一緒だと言われるかも知れないが、いいんです。

ここでは、友人に 『旧陸軍境界標石』 について通知する例です。
    岡山市北区新野一丁目3-6 地先の国道53号歩道上
に存在します。

これを ”ストレート” に言えば、
    34.681773,133.916956
と表現することができます。

G-社の地図サービスを開いて、地名検索欄に、この数値を直貼りした後SV画面を呼び出します。

Rikugun_2_2

モニタのカメラ撮影なので、ちょっと苦しいですね。 SV画面のほぼ中央に、「この地点」マークと北緯/東経位置が示されているのが判るはずです。 SVの表現方位次第で、このマーキングは少しずれますが、サッカーボールほどの大きさの目標物なら、画面の中で識別できるはずです。

2 
この場合は、標石がほぼ埋まっているので、画面から見つけるのは困難でしょう。一旦実物を知ったのちには、識別できるかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ストリート・ビュー」で遊ぶ

最近のWEB空間/スマホ世界では、様々なサービスが提供されて、様々な遊びが開発されている。 これでは、益々「ひきこもり族」が増えてしまう~~

と嘆いているのが「ひきこもり爺さん」で、最近ハマっていること;-
どんな趣味・道楽でもよいのだが、仮に釣り道具店を探すとする~
もし、その店舗の北緯・東経の位置が判っていたら~~というのは乱暴だが、
「何某小学校の西方」とかの情報が得られたら、国道や主要県道に面しているときは、
その店先を居ながらにして観ることができる!!」 が本日のお題である。

具体例で示す。備前・岡山の名物に『きびだんご』がある。名物だから「吉備団子」を販売するメーカーは、数えたことはないが20を超えるであろう。
その中に、「『武田』という姓から発した2つの舗が2軒並んで競争している。」という情報を得たとする。「場所は、岡山市立旭東小学校の北方」のヒントを頼りに探しに出る。

   <おことわり 私は『武田』なる店舗に恨みも恩もありません。
    また、これから述べる   Google社のStreetViewの手法には若干の
    危惧こそ抱いており、利用を推奨するものではありません!>

さて、Google社の地図サービスに入る。そこで、旭東小学校を見つけ、北へ進んで行くと、電車通りの上で、更に北から南下してきた「旧山陽道」に出逢う。旧山陽道はそこで折れて、電車道に沿って西に進むのだが、その角に1軒並んでもう1軒の店が並んでいる。
ここで、StreetViewサービスに入って観察するのが、普通のやり方である。

Cut_2

既に、北緯、東経が判っていたら~ 知人から、その値が伝えられていたら、~~
今の例では、その数値を 34.657496,133.937974 とする。

Google社の地図サービスに入って、索引欄に(地図サービスの通常は所・番地を書く欄に)上記の数値をCut&Pasteする。 検索ボタン(虫眼鏡マーク)を押す。あとは、StreetViewの作法に従って、方位や位置を微細調節する。  発見!

  <<この記事は、友人に北緯/東経数値を送って目的地に誘導する積りで
     書き始めたもので、ページを変えて、同じ趣旨の記事を書きます。>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町角探検

「町(街)角探検隊」には、その興味対象に応じて、さまざまなスタイルがあると思います。
私場合は、自分では、学芸的なラインを少しだけ(!)踏み外したところとを狙っている積りです。
私の若い友人に、様々な、A級からC級までの 「風俗・文化研究家」 がいて、早い話が歳に似合わぬ 『骨董屋泣かせ』 で、琺瑯看板研究をしている人がいます。

さて、今日は、その若者に鑑定してほしいもの;-
「街区表示板」 です。 隠す必要はないが、岡山駅の西口付近のものです。

 A101231hohrohkamban_1_484
これが、琺瑯製だと思うのですが~ 下の釘孔付近を拡大すれば、~~

A101231hohrohkamban_2_484

どうでしょう? 私の仮説は、町名部分までが琺瑯焼き込みで、街区番号23はペイント印刷のように思います。

更にアップ>>>

A101231hohrohkamban_2up

なお、一番最初の画像のパネル上部に 「北区」 とあるのは、昨年の 「政令指定都市」 移行に合わせて急遽貼られたシールです!!!! ご愛敬!!
===
これに反し、隣の街区:24は明らかに鉄板(錆の状態からアルミ系ではなさそうな)印刷ものです。

A101231hohrohkamban_3cut
数字部分が(実は町名部分も)エンボスになっていて、これは明らかに琺瑯系とは言えませんネ。

ここでは掲げませんが、すぐ近在にはプラシチック製もあります。

なお、津山の町中には、もう少し風情あるものが残ります。画像庫を探して、また掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 不思議な石碑

モラロジー/モラロヂー の概念は頭では理解できます。 けれど、実態は判らないのです。 大正末年から昭和初年に興され、今も財団法人として認められているが~~

岡山市西部 足守に入って行く古道の途中に、こんな碑石があります。

        Stone_cut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインには

スペインには行ったことはないが、こんな屋根があるという

  サンテ・カテリナ市場の屋根

  Cut

     B_cut

  興味は尽きないですね!
  
  TVでお馴染みの た・ま・だ養蜂場 の提供でしたナンチャッテェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大竹駅前にて

なぜか、JR大竹駅前を歩きました。

ペーヴメントのセメントブロックの画像です。

     A100529hirorempei_37_480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートとサイエンス

  アート(美術)とサイエンス(自然科学)について少し書きます。 O・学兄のことを書いた、言い訳の続きですけど。

 アートとサイエンスは両極端のように捉えられています。 最近脳科学でも、いかにも、認識・知覚の分担領域が異なるとか言われますが~~
じつは、それほど両者に隔たりがあるとは思えません。

  先ず、自然科学の側で言うと、「不易性」が要請されます。 それぞれが、自分勝手に定義したコトバを使うと、科学の議論が成り立たないのはその通りです。 が、実は、自然に対するイメージは各人各様です。 自然の捉え方は個々別々なものだと、私は、思います。 サイエンティストそれぞれの 「感性」 に依存します。
  
それより大事なのは、科学(者)が常に 「真実」 を述べるか? という点です。  哲学的な、難しい 「真実/事実」 議論をさておき、科学者が自分が真実や真理を追究していると思ったら、奢りというものです。 自然現象を語る、共通のコトバを紡いでいる・構築しているということなのでしょう。

 「実験事実」 ってのは 「実験条件」 を充たした現象だけの集合体だということです。 自然現象をある 「実験条件」 で切り取った 「断面だけ」 を示しているのです。 ですから、個々の切り取り方に応じて、自然は違う顔を見せます。
  どう切り取るかの選択は、個々の 「感性」 に依存すると言いたいのです。
  「スイカは丸い (ほぼ完全に近い)球形 だ」 と言ったとしても、通常異議を唱える人はありません。 「かぼちゃは球形だ」 と言うと失笑を買います。 他方で、シルクロードの西方では、スイカは丸くはありません。
  スイカは四角い箱の中で育てると、四角(ほぼ立方体)に育ちます。

  私の表現力不足で上手く書けませんが;-
(自然)科学者10人に同じ答え(目標)を期待するのは多分間違いだと言うこと。
むしろ、科学者の側が 「同じ答えを探している」、「同じ答えに、早く、到達する『競争』をしている」 と勘違いしているところに危うさがあると言えます。 お叱りを受けることを承知で言えば、「超伝導現象」 の発現温度を引き上げる=常温に出来るだけ近いところで超伝導を起こす こと自体が目的になっているのではないか? ということです。

  某議員さんが 「『世界で一番』 のコンピュータがなければダメなのですか?!」 と叫んだのに、どんな答えを用意できているかと言うことです。

  いくつかの答えがあり得るでしょう;-
 1) 私の研究に障るから困る
 2) 外国に負けては情けない
 3)(よい成果が出ないと)あなたたちが困る
 4)環境問題に対処するため必要
 5)(あるかも知れない)宇宙人の攻撃に備えるため必要

さてさて

  ちょっと混乱してきました。 また整理し直します。

いきなり、アスリートに話題を振るのは卑怯かも知れないが、
「なぜ 『金』 じゃないといけないの?」
大きな国家予算を 『金メダル』 につぎ込まなければいけないの?  
    某議員予備軍さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

O・兄のこと

  O・兄のこと;-

勝手に、論評めいて書くことは、O・兄の本意でないことは承知で書きます。 ましてや、「『福神漬の桶みたいなものを覗いて』 40余年をコンピュータと共に過ごした男」 が、彼のこれまでの仕事を紹介するとは言語道断ですが、あえて書きます。

  太田三郎氏:美術作家です。
まず、一昨日 「三郎太」 氏 と書いたのは、O・兄の芸術仲間のニックネームなのだそうです。 勿論私はいっときたりともそのサロンに呼ばれたことはありませんが~~。 ローマ字表記が SaburoOta か SaburohOhta か知りませんが、それから来るのでしょう。

  作風について論評するものではありませんが、O・兄の作品群のキーワードを2つだけ挙げるとすれば、『種』 と 『切手』 だと思います。
  
『種』 は 『いのち』 であり、  『継承』 ・ 『つながり』 の表象と言えるのでしょう。 『切手』 は 『想い』 であり、 『展開』 ・ 『ひろがり』 の象徴なのでしょう。 サイエンスの言葉を使えば、『時間的な=てわたし』/『空間的な=はしわたし』 について、私たちに 『切り取って見せて呉れる』 わけです。
  ここで納得されては困ります。 再び、サイエンスの言葉で書くと、
   <O・兄の作品が理屈っぽいわけではありません。 私には、
         そのようにしか読み解けないだけです。

『時間』 と 『空間』 は入れ替わり得るものです。 『種』 はじっとしているわけではありません。 空間を移動することにより、時間軸の中で 『いのち』 の手渡しを確実にします。
『切手』 もまた時を経ることで、空間軸の中で 『想い』 の橋渡しを強めます。

  どうも、理屈っぽくて、いけませんねぇ~~

  あ、もひとつだけ、大賀蓮を図柄に選んだのは;-
三郎太さんの生まれ月は5月 (1950年) です。 大賀博士に依って発見され、1951年5月に播かれた三粒の種は、一粒だけが芽生えて、それが日本全国で育て継がれているのです。
  O・兄がこの蓮のことを意識して作品群の柱に据えられたのではなかろうし、蓮の種が一年前に生まれた男にテレパシーを送るために自身の再生に力を注いだのでもなかろうが、因縁話なのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

六角タイル

 平面を埋めつくす問題の単純で、それゆえ面白味に欠けるのが四角形タイルあるいはレンガ型(ドミノ型)です。

 自然界の蜂の巣や、蓮の実に学んで、人々は六角形で埋めることを覚えたのかも知れません。 この場合、正六角形は 究極の素子: 「円」 の代替物です。 正八角形では、埋めつくせない小さい正方形の隙間が出来るので、アラビア辺りでは、それをアクセントにしたデザインも考えました。

 今日は正六角形の話です。

Hexagonal_484_2

 平面を埋めることに話を進めます。

Hexagonal_968_4

 基本の正六角形 「7個」 で、「六角形もどき」 が出来上がりました。 ここで注目すべきは、六角形の 「対称軸」 が60度回転したことです。 この 「7個」 を新しい単位 (細胞) にして埋めつくすことが出来るでしょうか? 結論的には、YES で、この増殖は次々と 「上の階層」 に進むことが判ります。

 作業を続けようとして、困ったことが二つ起こります。 マッチ棒が足りない! ことと、机の面積がぁ~!
 さすれば、皆さんの想像力に頼りましょう。

Hexagonal_12

 おお危な!  どうやら、このまま進めば、「7個の正六角形もどき」 を単位として、次の 「更に大きな もどき」 が作れそうです。 また、対称軸は幾らか回転しましたね。

 昨日の記事で、『自己相似性』 と書きましたが、この 「正六角形7個」 の群は自己相似的な構造を作っていると言えるかも知れません。 数学的には面白い命題です。

 人類は、なぜか判らないが、ほとんど大多数が長方形の構造の中に棲みます。 円形の家あるいは部屋は、遊牧民のゲル(包=パオ)のように少数例です。 『正六角形のモチーフをつなぎ合わせた絨毯』 は、その意味では、役立ち難いのかも知れません。

==

 更に上位の形を表示するのに、コインを使ってみました。

Hexagonalc2ex

最上位;-

Hexagonalc6ex
 家中のコインをかき集めたが、 この段階で何円でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己相似性

 昨日の続きです。 続きじゃなけど、続きです。
昨日のペントミノ素片の話の中で、大きな(3倍サイズの) 「T」 型のピースは基本サイズの9個のピースで構成されていました。 他の大きなピースについても同様です。 とりあえず 『(集団として)自己相似的』 と言えますね。

A100426sayotaisi_003_480

 面積が9倍ですから、12個の基本ピース総てが登場しないのは致し方ありません。 この例では、「9個が別種類 = 同じ基本ピースを2度使わない」 という縛りは付けてあります。
 12個の大きいピースの集団を作り上げたとき、(9X12の基本ピースの集合ですが) 各々の基本ピースが9回ずつ登場するセットが出来るかどうか? は一つの命題ですが、<私は>確かめていません。 それが完成したら、『(集団として)完全に・自己相似的』 と言えるのかも知れません。

Tetra_pent00w230
===

 2倍サイズのピースはできるのか? という命題は、まだ確かめていませんが、多くの基本ピースが大元の正方形素片で3倍幅を持っているので登場機会が乏しく、役者の数が限られて、面白味はないでしょう。

 4倍サイズに関しては、16個の基本ピースの集合で構成されるので、「12種類+追加の4種類」 で作ることは問題なく可能だと推測されます。 4倍サイズ12種のフルセット (192個の基本ピース) が基本ピース総てが16回ずつ登場して完成できることは可能だと推測できます。

 6倍サイズの大型ピースの各々が、12種の基本ピースを3回ずつ登場させて完成できるのは、多分間違いありません。 『完全な・ 自己相似性』 に到達できたと言えます。

 面白味が少ないのは、5倍サイズです。 つまり、どの大ピースでも、「I」型基本ピースだけで、敷き詰められるからです。

===

 さて、例えば 「W」 型の大きなピースを基本の 「W」 型だけで埋めつくすことは可能なのでしょうか? 不可能なことは直ぐ分ります。 条件を緩めて、大きいいピースの周辺ラインが完全な直線であることを諦めて、切手のミシン穴みたいに、凹部あるいは凸部が残ることを許したらどうなるでしょう?

 この最後の話題は、「蜂の巣タイル=正六角形」 ということで、明日続きを書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺんとじぐ 72

 「ぺんとじぐ」 の作品について、畏敬する作家・Oさんの還暦祝いに、72ぴーすのものを創ってみました。

A100426sayotaisi_001_480_2

 詳しい種明かしをするのはこの記事の本意ではありません。 「72Pではないじゃん! 8Pの『お子様バージョン』 じゃん!?」 と言われると思います。 裏面を見てください。

A100426sayotaisi_003_480_2

 線に沿って、全部切り離すと、72ピースになります。

 チェックの付けてある、小さい12P (ワンセット) を外した 60P で、還暦のお祝いになっているのです。 最初から 60P の矩形を満たす構成もできますが、それでは、現役バリバリの作家に、『60P で 完成!』 を言い渡すことになります。 余白部分はこれから、新しい色で、埋めて頂きたいからです。
 それと、僭越な言い分ですが、わたし72歳です。 O兄に対して威張れる部分ありとすれば、年齢と理屈詰めの人生だけなのです。

 チェックをつけた 12P はワンセットですから、それはそれだけで小さい矩形を埋めることができます。 チェックを付けた 12P は脇において、12P ワンセットの小さい図柄を用意します。

 小さい矩形の出来上がりを示します。

Saburohtapent_2_480jpg_2
 なぜ、この絵柄なのかは O氏のことを説明すればわかりますが、今日の趣意ではありません。
 ついでに、この12ピースはリバーシブルに作り込んであって、裏返して組み直すと、下の絵柄が出来上がります。 

Saburohtapent_5_480

                          おお~ コッパズカシィ!

 「リバーシブル」 とは、私の勝手な命名で、この図柄をそのまま裏返したのでは裏面は絵になりません。 組み替えて、初めて絵になる仕掛けなのです。

 戯言まぶれですが、O-兄に心よりの祝意を述べます。 それと感謝の言葉を。

   
<5/11 O・兄のこと 書きました> クリック  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫定運用

この Blog を暫時、開設者自身の狭い意味の 「趣味」 の格納庫に用います。

手始めに、今熱中している、ペントミノ・ピースで構成されるジグソー・パズルについて記します。 ただし、現在構想中ですから、(企業秘密ですから)全貌を明らかにすることはありません。

 まず、6X10 ボード上を満たすペントミノの解の個数は 2339 種と言われています。 現在までに、私が記録保存している成功例は凡そ200例余ですから、まだ、10倍以上愉しめるということです。 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「猫の道」 と名付けます

 このブログや関連のHPで既に書いたことですが、;-
 岡山の市街地には、東西南北の方位がかなり正確な道や水路が認められます。 それらは、水害や空襲を経験しながら、保存されています。 相互の間隔を探って行くと、110m程度の格子を形作っていることが判り、条里制の記憶をとどめていると理解してよいようです。

 実際、多くの人が地名などをもとにそのことを実証してこられました。 最近では、1/2500程度の詳細な地図を読み解くことで、格子間隔を確認する試みも発表されています。

 私は、これまで、『自転車が漸く通れる道』 に着目することを提案してきました。 改めて、『猫の道』 と呼んでみます。 
   At091204minamigatakids15_484

 今日は、岡山市南方から桃太郎通りに達する南北道のことを紹介します。 詳しく書けば、国道53/180号線 (東西道) に面する裁判所(北区南方)から、桃太郎通り [電車通り] の柳川交差点200m程度西方までの約650mの路地がそれです。

 左の画像では、画面一番奥の塔屋が撮影位置から約600m南です。 つまり、路が僅かに曲折していても、ほぼ見通せるということです。
 そのことを思いながら近隣を通過したら、居ました。 ネコです。 文字通り、『猫の道』 です。

At091204minamigatakids11_484

At091204minamigatakids14_484

下の二枚の写真に写っている猫は同じ猫です。 中のものは、悠然と北に向かうのを南から撮って、 一街区分大回りして、北から見ると居ました。 その間、時計の針の進みは45秒。

***ここから、2012・03・11の追記***
 Google社の地図サービスを使って読み取ると、
  北の地点の緯度経度は 34.671106,133.924863、
  南の地点の値は      34.665794,133.924874  が得られます。 特に注目すべきは経度の差で、「度」で測って小数点五ケタ目の変化は1m違うか違わない数値で、Google地図の保証する誤差以内で、たまたま、クリックの位置の選定誤差より低い数値です。 その意味で、完全に南北正方位線を示していることになります。
  緯度の差:0.00531度は、このまま換算すると、584mになります。 これは建物ぎりぎりの計測ですから、各々の道の中心線で計測すると大きい値になります。 それぞれを歩道の端に設定すだけで595mが得られます。
  同じことを別の方法:「おかやま全県統合GIS」 の距離即読機能を使うと、歩道の端同士の距離で598mが得られますから、大きな間違いをしていないことが判ります。

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用干し

『土用干し』 をするには、梅雨が明けず、困ったものですね。

HomePage 全体の再編成を始めています。   ここ、「WalkOnTheLine」 も、焦点が定まらないまま、休筆していたので、近々、特徴付けをして、再起動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年かも

 壽

Photo_2 

  年が改まった気はしませんが、後楽園でタンチョウ(丹頂鶴)が初飛翔するってんで、群衆に紛れてきました。

今年もどうぞ宜しく!

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の部屋?

HP や Blog で、少し手を広げすぎているのかナ? じぶんちに来たつもりでも、サイトの規定や作法が変わっていて、戸惑うことがあります。

もっと非道い例は、ID や PW を要求されて、メモを調べても受け付けて貰えない~~
玄関にキーを差し込んで開かない状態!!! え”?ってことになりますね。

漸くドアが開いたら、中から、九官鳥に 『おひさ』 って言われたりして~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更に丸々半年

 更に、半年留守にしています。 このところ、「道(条里の道)」 から、「交流/文物流通の道」 そのもの、それに伴う構造物情報の調査・蒐集(主としてスチル画による記録)に力を注いでます。 例えば、『出雲街道』 であり、『高瀬舟』 です。
 そのWEBに誘導することは可能ですが、今は止めておきます。 元気です。

Dsc00733_968   岡山県(美作の国)東端の宿 : 土居宿西はずれ

  

            西端の宿 : 新庄宿の雲候本陣Dsc01427_2_1(復元)
            凱旋桜(がいせんざくら)は蕾 07/04/09

                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戻りました

  5週間ほど、入院してました。 車検みたいなものです。
その前の4~5ヶ月は、神社・仏閣や公共施設の影像記録の作業に集中していました。

  『道』 に関しては、GPS 位置検出装置の購入を検討しています。 1万円程度から100万円未満まで、実にたくさんの種類が売り出されていますね。
パソコンと繋ぐことを想定するか、カメラに連動させるかが機種選定の別れどころです。

  ・・・ ということは、野外調査に出ようということです。  この半年ほどは、野外調査の内でも、位置依存性の強くない項目でしたが、『道』 だけでなく、『城(城跡)』 や 『水路』 などの探訪にも活かせると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一休み

一身上の事情で、約一月、一休みしています。

その前の5ヶ月ほど休載したのは別の事情ですが、11月までには戻りますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«可能性