« 教材 反面教師としての官公用地 | トップページ | 何が? 何を? »

教材 官公用地

  小学校や中学校の敷地ほどには鮮明ではないが、他の公立や私立法人の施設の敷地も示唆に富んでいます。

  「岡山県農事試験所」(1924年当地に/幾度も改称)のことは、「踏切」 の項でも述べていますが、その元の敷地は示唆に富んだ形を遺しています。  まず、今のテーマにおけるこの敷地の重みは、「農事試験所」 ですから、積極的大改修をしない限り、既存の水路畦道を保存している可能性が高いことです。  敷地は今は南が「岡山放送」、北側が「こどもの森」 に占められ、しかも、両者の間を市道・万成国富線が走り抜けていますが、全てを大きく含む長方形を描くと、東西が2丁/南北が3丁の地形が得られ、結論的には丁度6「坪」分の面積を占めていると理解されます。
  地図を見れば明らかですが、面白いことに、実際の敷地は欠損があって、『達磨落とし』 の積み木のように三つの長方形が、3段、に微妙にずれて繋がっています。  積み木の一段ずつはおよそ110mの厚さ(南北幅)を持っています。

  私設だが典型的な例は、現・清心女子大学でしょう。  ここでも拡張の歴史があったようですが、現在の敷地の幾らかの欠損部分を仮に補うと、丁度2丁四角の4 「坪」 に収まりそうです。  「欠損」 と書いたが、その向こうには 「観音寺川用水」 と 「伊福」 の古い村があって、拡張は原初から望むべくもないのです。  なお、この学校の基は、私立・岡山女学校[M19=1886年創立 1929年現在地へ]とされており、大正10年の岡山市の古い書類では「倉紡用地」となっていて、昭和13年の市販市街図では、南半分の2 「坪」 を占めていたように読み取れます。

  20世紀の終わりに 「国立病院」 が移転しましたが、旧・南方小学校の北に接する、その跡地は2「坪」弱です。  この地には、戦前には 「岡山工学校」 が置かれており、学制の変更や 「原初・国立病院」 との敷地交換などの経緯があるようですが今は深追いしません。  この敷地を見ると、西の 「西川」 との関係を良しとすれば、東辺が15~20m引き下がっていることになります。  東西のラインはほぼ理解できるのですが、東西ラインに関して、江戸期の街づくりの影響を受けているとしておきます。

  新しい創設の例ですが、「岡山商科大学」 と、南に隣接する 「京山中学校(1974年分離独立)」 の敷地は、いずれも東西ラインは用水の影響を強く受けています。  南北線も既存の畦道(&用水)に支配されているようで、特にそれぞれの西辺の相互の関係は 「ゲージ」 的にも充分説明できそうです。  練習問題に残しておきましょう。  現地踏査するのも面白いでしょう。

|

« 教材 反面教師としての官公用地 | トップページ | 何が? 何を? »

「教材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37276/637856

この記事へのトラックバック一覧です: 教材 官公用地:

« 教材 反面教師としての官公用地 | トップページ | 何が? 何を? »