« 「すとれーと・びゅー」を愉しむ | トップページ

出西焼き

 4月生まれの人たちが、遅れ遅れた 「はなみ」 の会に集うたところ、会場の主の心遣いで、コーヒーが用意された。 カップは、呉須の色深い 「出西焼き」 で、自分の手元に姿は違うが、いかにも、それの姉妹品のカップ&ソサーがあったことを思い出した。

 さて、そこから今日の物語を書き始めようとしたら、実物がどこかに潜り込んでいて、出てこない。 厳密に言うと、宅には、「はなみ」 で出されたのとほぼ同年の代物と、それを更に四半世紀遡る ものの姉妹が居るはずで、そのカップだけが雲隠れしている。

さてさて~~  取り敢えず掲げましょう。

130423from_tuyama_005_432_2

ふた組の姉妹の器の話だが、こちらは今から17~18年前に地元の(瀬戸内側の)百貨店で手に入れたものです。 いろあい、デザインから見て出西窯に違いはないが、カップの取っ手の下に 「ペンだこ」 のような突起が付けてあるのがいかにも民藝のこだわりのように見える。
自然光で、照明に特別な工夫をしていないので、正確な色合い表現はご勘弁を!

今、手元で探している 「姉」 が出てきたら話が続け易いように、この妹に名前をつけておくことにして;-
   18年前の1995年=乙亥(きのと い)を採用して
   紀伊子さん ではどうだろうか?

たまたま、津山の銘菓・千本桜 が届いたので、受け皿にしてみた。

130423from_tuyama_002_432

|

« 「すとれーと・びゅー」を愉しむ | トップページ

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

探しているうちは出てこないものです
そのうちそのうち・・・
ところで今度は我が家の梁(半田山国有林切り出し第1号)と
神棚(ガラスの戸がついてます)お見せいたしましょう!
大っきな気持ちになりますよぉ~

投稿: 花かあちゃん | 2013年4月23日 (火) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37276/51337498

この記事へのトラックバック一覧です: 出西焼き:

« 「すとれーと・びゅー」を愉しむ | トップページ